Funaken

Wind Tunnel Rotating Test Rig Anechoic Chamber

ようこそ岩手大学工学部・機械システム工学科・船崎研究室のサイトへ

  • 航空機エンジン要素の高性能化に関する研究
    • 低圧タービンの高負荷化に関する研究
    • 高圧タービンのフィルム冷却効率向上に関する研究
    • 圧縮機動翼列を用いた翼先端漏れ流れに関する研究
    • 最新型の遷音速軸流ファンにおける旋回失速初生擾乱に関する研究
    • 液酸液水ロケットのターボポンプに関する研究
  • 翼面境界層のバイパス遷移に関する研究
  • 最新の高精度非定常乱流解析手法を用いた数値シミュレーション
    • RANS/LESハイブリッド解析手法
    • DES解析手法
    • 計算スキーム関連
  • 格子ボルツマン法を用いた新しいCFD手法に関する研究
    • 有限体積LBMの工学的応用
    • 混相流
  • 脳動脈瘤を伴う血管内流れに関する研究
  • 狭隘場(きょうあいば)で使用される小型軸流ファンに関する研究
  • 宇宙環境利用に関する研究

International Gas Turbine Congress

11月13日~18日大阪市で開催されるInternational Gas Turbine Congress 2011において,本研究室から以下の論文が発表されます.

  • Funazaki, K., Okamura, K., Sato, Y., Hamabe, M., "Studies on the Flow Fields around Two Types of LPT Cascade with Different Loading Designs: Midspan and Secondary Loss"
  • Abdullah, K., Onodera, H., Funazaki, K., Ideta, T., "Heat Transfer and Aerodynamics Studies of Multiple Cooling Holes"
  • Funazaki, K., Kawabata, H., Okita, Y., "Free-Stream Turbulence Effects on Leading Edge Film Cooling"

会期中,研究室の活動を紹介したポスターブースも設けられます.

ターボ機械・航空宇宙の空力伝熱セミナー

2011年9月25日(日)~27日(火)にモンタナリゾート岩沼で開催された第17回ターボ機械・航空宇宙の空力伝熱セミナー(岩手大学,東北大学,東京大学,企業などとの合同セミナー)のポスターセッションにおいて,船崎研究室の大学院生4名がそれぞれ1位・2位・3位を受賞しました.

  • 1位 工学研究科機械工学専攻 博士前期課程1年 斎藤 拓
    題目 翼面境界層バイパス遷移に関する研究
    ~境界層計測と可視化計測による調査~
  • 2位 工学研究科機械工学専攻 博士前期課程1年 熊谷 雅史
    題目 圧縮機翼列翼先端漏れ流れに関する研究
    (ハーフシュラウドの効果)
  • 3位 工学研究科機械工学専攻 博士前期課程2年 岡村 和希
    題目 航空エンジン用低圧タービンの高負荷化に関する研究
  • 3位 工学研究科機械工学専攻 博士前期課程1年 徳山 雄己
    題目 次世代ロケットエンジン用タービン段動翼での流体‐構造連成解析

日本機械学会2011年度年次大会

日本機械学会2011年度年次大会が9月12日から東京工業大学で開催されます.当研究室からは5人の学生がロケット,圧縮機,タービンに関する研究を発表します.

東北関東大震災

3月11日の東北関東大震災による当研究室の被害は最小限で済みまして,研究室メンバー全員元気に活動しています.

船研wikiリニューアル

船研wikiサイトをDrupalベースにしました.旧Funaken Wikiへは右上のイントラネットリンクからアクセスしてください.

Syndicate content