Nikkei

Syndicate content
日経BP社が運営する、製造業/ハイテク産業に携わる技術者・研究者の方々に向けた総合情報サイト。技術速報はもちろん、解説/コラムなどで多彩なコンテンツを提供中です。
Updated: 58 min 17 sec ago

電力市場が史上2番目の高値、意外な2つの理由

Fri, 02/16/2018 - 05:00
11月から始まった西日本の電力市場高騰が、1月半ばからは東日本でも。寒波が電力需要を押し上げた。だが、気象だけが原因ではない。規制当局である電力・ガス取引等監視委員会は大手電力の「燃料制約」と「ブロック入札」の問題を指摘。電源運用に新たなルールが求められる。

「ありがとう」を生むのが真のイノベーション

Fri, 02/16/2018 - 05:00
 新製品の開発や新規事業の立ち上げに直接取り組んでいる担当者に対しては、「顧客の満足を得るために新しいことを実行すること」をイノベーションと定義する。「顧客の満足を得る」とは、「顧客の問題を解決すること」あるいは「顧客にとっての価値の創造に貢献すること」だ。

CGによる津波避難誘導標識の効用と限界

Fri, 02/16/2018 - 05:00
2011年の東日本大震災以降、各地で住民の防災教育・啓発や防災体制の向上を図るための大規模な避難訓練が積極的に行われている。訓練は一般的に昼間に行われることが多いが、夜間に災害が発生する可能性もあり、避難訓練を夜間に実施している自治体もいくつかみられる。暗闇でも安全で円滑な避難を確保するためには、照明による避難経路の環境改善と適切な避難誘導が重要である。これまでも停電時でも動作するような避難誘導照明システムがいくつか提案されているが、その有効性については研究段階である

ようこそパワーエレ、250W出力の回路登場

Fri, 02/16/2018 - 00:08
最近のISSCCにおけるパワーマネジメント回路(電源回路)分野の技術トレンドは、IoT用途のエネルギーハーベスティングに向けた低電圧(<0.1V)・低電力(nW、pWクラス)のパワーマネジメントだった。しかしISSCC 2018において、これとは正反対の新しい技術トレンドが見えてきた。パワーエレクトロニクス向けの高電圧(>100V)・大電力(>100W)のパワーマネジメントである。

5Gをにらみ、マルチアンテナ向けトランシーバー

Thu, 02/15/2018 - 22:41
「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2018」(2月11日~15日、米サンフランシスコ)では、無線通信に関わる回路技術はワイアレス分野の3つのセッション(Session 4/9/28)で活発に議論された。この分野ではセルラー通信(移動通信)のみならず、IoTの根幹を担う様々なワイヤレスシステム向けの回路技術や、レーダーなどのセンサーに向けたトランシーバーを実現するための技術が競われる。

DNNのハードウエアが目白押し

Thu, 02/15/2018 - 21:00
米サンフランシスコで開催された「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference) 2018」(2月11日~15日)のデジタルアーキテクチャー分野では、ここ数回と同様に(あるいは更に)、深層ニューラルネット(DNN)分野のハードウエアソリューションの発表が盛り上がりを見せた。

水道や商用電力の不要な水洗トイレ、太陽光と蓄電池搭載で

Thu, 02/15/2018 - 19:49
ニシム電子工業(福岡市)は2月1日、太陽光発電とリチウムイオン電池を搭載し、水道や電気などのインフラが不要で、汚泥が発生しない完全処理型の水洗トイレ「TOWAILET(トワイレ)」を開発したと発表した。

埼玉高速鉄道・浦和美園駅、55kWの太陽光を自家消費

Thu, 02/15/2018 - 19:30
埼玉高速鉄道(さいたま市)は、埼玉スタジアム線浦和美園駅の駅舎屋上に太陽光発電システムを設置し、1月24日から使用開始した。駅構内や本社施設の照明などに使用する電力の一部を賄う。

太陽光・蓄電池の長期導入効果を5分で診断、国際航業が営業ツール

Thu, 02/15/2018 - 19:16
日本アジアグループ傘下の国際航業(東京都千代田区)は、スマートハウスや住宅用蓄電システムの販売における営業支援クラウドサービス「エネがえる」の機能を強化した。

太陽光がEV普及を後押し、加州でシェア争いし烈に

Thu, 02/15/2018 - 18:49
カリフォルニア州サンディエゴ市で2月11日、太陽光発電関連の展示会「ソーラーエクスペリエンス」が開催された。

ドバイの「ギガソーラー」、2020年の万博で燃料電池車に水素を供給

Thu, 02/15/2018 - 14:55
アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイのドバイ電力・水庁(DEWA)は2月12日、同庁が現在ドバイ南部のSeih Al Dahalで建設中の5GWのギガソーラー(大規模太陽光発電所)「ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム・ソーラーパーク(Mohammed bin Rashid Al Maktoum Solar Park:MBR)」からの電力で水素を生成する実証プロジェクトを、ドバイ国際博覧会(ドバイ万博)事務局と独シーメンスと共同で進めることで合意したと発表した。

スバル、コンセプトカー「SUBARU VIZIV Tourer Concept」を出展

Thu, 02/15/2018 - 12:39
スバル(SUBARU)は2018年2月14日、3月に開催される「ジュネーブモーターショー」(開催期間:2018年3月8~18日)にコンセプトカー「SUBARU VIZIV Tourer Concept」を出展すると発表した。

トヨタ、レーシングコンセプトカーを出展

Thu, 02/15/2018 - 12:32
トヨタ自動車は2018年2月13日、3月に開催される「ジュネーブモーターショー」に現代的なレーシングコンセプトカーを出展すると発表した。

ダイムラー、新型「Cクラス」はインフォテインメント機能の電子化が進む

Thu, 02/15/2018 - 12:30
ドイツ・ダイムラー(Daimler)は、3月に開催される「ジュネーブモーターショー」(開催期間:2018年3月8~18日)に、部分改良した「Mercedes⁻Benz Cクラス」を出展すると発表した。現行モデルは全面改良から4年が経過しているため、効率の高いエンジンを採用して出力を増やし、運転支援システムや安全装備を最新のものにして機能向上を図った。

高速バス事故の悲劇、IoTと健康経営で防げ

Thu, 02/15/2018 - 12:30
2012年4月に関越自動車道で起きたツアーバス事故、長野県軽井沢町での2016年1月のスキーバス転落事故…。悲惨なバス事故が後を絶たない中、バス運行会社にとっては安全管理の強化が待ったなしの課題だ。

「いびき測定アプリ」の臨床研究を開始、井上病院など

Thu, 02/15/2018 - 11:10
 春回会 井上病院(長崎市)は、睡眠中のいびきの状態をスマートフォンで評価できる「いびき測定アプリ」の臨床研究を開始する。国立病院機構福岡病院、NECソリューションイノベータと共同開発したアプリで、治験を経て睡眠時無呼吸症候群(SAS)をスクリーニングする医療機器としての承認取得を目指す。

「屋根上太陽光」への投資広がる、FIT単価24円でファンド組成

Thu, 02/15/2018 - 10:13
エコスタイル(東京都千代田区)は、屋根貸し太陽光発電を投資対象とした「エコの輪太陽光発電ファンド19号」を組成し、2月8日から出資者を募集開始した。固定価格買取制度(FIT)に基づく売電単価は24円/kWh、目標利回りは5%(税引前)。

ソニーが消費電力1/100の画像センサーの詳細明かす、IoTカメラ向け

Thu, 02/15/2018 - 09:54
ソニーグループ(ソニーセミコンダクタソリューションズと米Sony Electronics社、ソニーLSIデザイン)は、従来に比べて消費電力を大幅に削減しながら、フルHD以上の鮮明な映像を撮影できるイメージセンサー(画像センサー)を開発し、半導体集積回路技術に関する国際会議「International Solid-State Circuits Conference(ISSCC)2018」で発表した。監視用途で用いる、バッテリー駆動のIoTカメラなどに向ける。

Renault社がインドでデザイナー採用、11カ月でコンセプト車

Thu, 02/15/2018 - 09:00
 フランスRenault社が、インドでデザイナーの現地採用を進めている。2017年に採用プラグラムを開始し、インド最大のモーターショー「デリーモーターショー2018」(Auto Expo2018)では現地でデザインしたコンセプト車を披露した。

アイデアがアイデアを生む

Thu, 02/15/2018 - 05:00
様々な企業から参加者が集まり、ビジネスプランを練り上げる「ビズラボ」。中間発表はスタート地点に過ぎなかった。中間発表の後、最終報告会へ向けてグループ内で議論を進めると、他のメンバーから新しいアイデアがどんどん出てくる。自由な発想で、無責任に発言していいからだ。他のメンバーがそれに新しい発想をぶつける。さらにそれにかぶせるように他のメンバーが意見を言う。私も負けまいと発言する。議論はまったく収束せず、発散するばかりだ。しかし、発散する議論は、思いもしない方向へ向かう。自由で無責任な発言が、これほどまでに飛躍したアイデアを生むものかと驚いているうちに最終報告会を迎えた。飛躍した内容を我がチームはまとめることもできなかったが、発表はすべて出し切った充実感に満ちていた。