Nikkei

Syndicate content
日経BP社が運営する、製造業/ハイテク産業に携わる技術者・研究者の方々に向けた総合情報サイト。技術速報はもちろん、解説/コラムなどで多彩なコンテンツを提供中です。
Updated: 41 min 45 sec ago

「宇宙旅行」には過酷な訓練は必要ない

Wed, 09/20/2017 - 05:00
宇宙旅行に行くには、国際宇宙ステーションやスペースシャトルに乗る宇宙飛行士のような厳しい訓練が必要――。そう考えている方も多いと思います。ですが、宇宙旅行のために、過酷な訓練を受ける必要はありません。必要なのは、事前のレクチャーを受けておくことや健康状態が良好であること、無重力や加重力の体験、あとは根性くらいです。もしご自身で「事前訓練は必要ない」と思えば、一切訓練なしで宇宙飛行するも可能です。そこで今回は、我々ASTRAXが窓口となっている、米Virgin Galactic社の宇宙船「Unity」や米XCOR Aerospace社の宇宙船Lynx、米World View Enterprises社の宇宙船Voyagerを例に、宇宙旅行前の「訓練」について、紹介したいと思います

応用市場の盛衰はダントツ企業の施策次第、ならば利用しよう

Wed, 09/20/2017 - 05:00
 「ダントツ企業たちが割拠する半導体市場」と題して、半導体ユーザーにとってのダントツ企業の功罪を論じている今回のテクノ大喜利。5番目の回答者は、IHSテクノロジーの大山 聡氏である。ダントツ半導体メーカーの強大な力に対抗したり、削いだりすることは考えず、むしろその力を利用するしたたかな戦略を提示した。

多素子マルチアンテナでビーム制御、人やクルマに照準

Wed, 09/20/2017 - 05:00
ここでは、5Gの無線アクセス網が利用者に提供するサービスや機能との関係の観点から、5Gの新たな無線アクセス網を構成する技術のいくつかを取り上げ、ARIB 20BAHでの検討成果を中心に説明する。

予想より複雑な構造、基板4枚のBoseワイヤレススピーカー

Wed, 09/20/2017 - 05:00
人によって評価の分かれるオーディオの世界でも多くの人々に愛されるメーカーやブランドがある。今回はそんな音響機器メーカーの1つ、米Bose社のワイヤレススピーカー「Bose SoundLink Mini II」を紹介する。

製造業にとって物流は「コスト」か?

Wed, 09/20/2017 - 05:00
近年「Logistics 4.0」というキーワードが注目されている。Logistics 4.0とは、端的に言えばIoT(Internet of Things)やロボット技術などを駆使した省人化・省力化である。本稿では、今、物流がどう変わろうとしているのか、物流をコストセンターからプロフィットセンターに変えるためにはどうすればよいのかについて、4回にわたって解説する。

米展示会レポート、 太陽光市場の成長は蓄電池が担う!

Wed, 09/20/2017 - 05:00
北米最大の太陽光発電関連の国際展示会「ソーラー・パワー・インターナショナル(Solar Power International=SPI) 2017」(2017年9月10~13日)がネバダ州ラスベガスで開催された。

中国の大気汚染、日台連携で活路を開く

Wed, 09/20/2017 - 05:00
中国では深刻なスモッグの脅威が蔓延している。北京では頻繁に大気汚染赤色警戒が発令されている。それだけではなく、上海、広州、重慶でも相次いで警報が出されている。スモッグのPM2.5浮遊微粒子は、人体の健康に甚大な影響を与える。さらに、長期的に見ると、スモッグ被害地域では企業の投資や就職意欲に影響が出る上に、経済発展全般に不利な影響が及ぶことにもなる。

パイオニアがHEREと資本提携、自動運転地図の「世界標準」作成

Tue, 09/19/2017 - 21:15
パイオニアとオランダHERE社は2017年9月19日、資本提携したと発表した。同年2月の業務提携から関係を深めて、自動運転で使える高精度地図などの開発を急ぐ。

国内で「PS VR」を値下げ、ソニーがVRをテコ入れ

Tue, 09/19/2017 - 20:25
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、同社のVR(バーチャルリアリティー)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)「PlayStation(PS) VR」を値下げする。PS VRと、ポジショントラッキング(位置追跡)用のカメラをセットにした同梱版を5000円値下げして、2017年10月14日から希望小売価格4万4980円(税別)にする。PS VRだけの単品版と同じにした。これまでカメラ同梱版は同4万9980円だった。

振動の多い環境で使える計量モジュール

Tue, 09/19/2017 - 20:20
エー・アンド・デイは、振動のある環境下での高精度と高速応答の両立を図ったウェイング(計量)モジュール「AD-4430A」を2017年9月25日に発売する。振動除去機能を高めており、バイブレーターで振動させながら計量する用途や撹拌させながら計量する用途に向く。

PETRAと富士通、MPUに載る400Gbpsの光送受信器

Tue, 09/19/2017 - 19:28
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)のプロジェクトにおいて、光電子融合基盤技術研究所(PETRA)と富士通は、MPUなどのプロセッサーICのパッケージに搭載可能な約1cm角のチップ面積で、400Gビット/秒(bps)のデータ伝送が可能なシリコンフォトニクス光送受信器を開発した。400Gbps/cm2のデータ伝送密度は従来の約2倍で、世界最大だという。

eスポーツの統一競技団体が年内設立へ、プロライセンスも発給

Tue, 09/19/2017 - 19:20
コンピューターゲームを競技として捉え、ゲームのスキルを競うeスポーツの国内統一競技団体が年内にも誕生する。家庭用ゲームの業界団体であるコンピュータエンターテインメント協会(CESA)、オンラインゲームの業界団体の日本オンラインゲーム協会(JOGA)、およびeスポーツの振興団体である日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟(JeSF)の計5団体は9月19日、国内のeスポーツ団体の統合・新設に向けた取り組みを始めたと発表した。

超音波で空中に触感を再現、英ベンチャーが開発

Tue, 09/19/2017 - 19:18
コーンズ テクノロジーは、アレー状に並べたスピーカーが発する超音波の位相を制御して、空中に触覚を再現する「UHEV1」のデモを「SENSOR EXPO JAPAN 2017」(2017年9月13日~15日、東京ビッグサイト)で展示した。

フォトロン、「AutoCAD」互換性高めた2D-CAD

Tue, 09/19/2017 - 19:10
フォトロン(本社東京)は、2D-CAD「図脳RAPID」シリーズの新版として、企業向けの「図脳RAPIDPRO19」と個人向けの「図脳RAPID19」を2017年11月2日に発売する。他社製CADなどのデータの読み込み機能、書き出し機能を強化した。価格はそれぞれ、14万円(税別)と6万円(同)。

力は筋肉の15倍、人工筋肉にブレークスルー

Tue, 09/19/2017 - 18:59
米国ニューヨーク市の市立大学である米Columbia Universityの研究者は、数Vの低電圧で生体の筋肉の15倍の力を出せる人工筋肉を開発した。

ダイセル、耐薬品性を高めた水処理膜用のセルロース系材料

Tue, 09/19/2017 - 18:50
ダイセルは水処理膜向けに、従来材料に比べて耐薬品性の高いセルロース系の新材料を開発した。グループ会社のダイセン・メンブレン・システムズ(本社東京)と共同で、新材料を用いた外圧式中空糸モジュールの開発を進めており、工業排水や下水、海水淡水化の前処理などに使えるという。

富士通研、AI関連処理技術を拡張しマルウエア検知に適用

Tue, 09/19/2017 - 18:13
富士通研究所は、独自のAI関連処理技術の「Deep Tensor」を拡張し、企業などの組織内ネットワークへのマルウェア侵入の検知に適用する。Deep Tensorは、ディープニューラルネットワーク(DNN)の入力にグラフで表現できる情報を使った場合に、出力の精度を大幅に高められる技術である。

Qualcomm向けの10nmウエハーバンプ、中国社が量産検証

Tue, 09/19/2017 - 17:26
中国SJ Semiconductor社が、米Qualcomm Technologies社向けに、10nmウエハーバンプの量産検証を始めた。両社が共同で発表した。

しゃべって調理手順を指示する無水調理鍋、シャープが発売

Tue, 09/19/2017 - 16:30
 シャープは、無水調理向けの電気鍋「ヘルシオ ホットクック」に、AI(人工知能)による調理準備支援やお薦めメニューの提案などの機能を加えた新製品「KN-HW24C」を2017年10月26日に発売する。無線LAN機能を搭載しており、同社が提供するクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に接続してこうした機能を実現する。価格はオープンで、月産台数は2500台。

3MWの蓄電池をイングランド自治体が導入、英エネ大手が受注

Tue, 09/19/2017 - 15:19
英国の大手エネルギー事業者であるセントリカ(Centrica)社は9月18日、3MWの定置型蓄電池システムをイングランドのゲーツヘッド(Gateshead)で導入すると発表した。