Feed aggregator

蜂の巣がモチーフのコンセプト車、いすゞが公開

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 09:30
いすゞ自動車は2017年9月22日、蜂の巣をモチーフにしたトラックのコンセプト車を、「第45回 東京モーターショー2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日~11月5日)で公開すると発表した。

BMW社が金型補修に使う付加製造工作機械

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 09:22
イタリアJobs社は、門形タイプの大型の付加製造(Additive Manufacturing、以下AM)工作機械「Laser Speeder」を開発、欧州工作機械見本市「EMO2017(通称EMOショー)」(2017年9月18~23日、会場はHanover Fairground)で発表した。同社が「世界最大のAM工作機械」と呼ぶ大きさで、会場には模型を展示した。自動車や航空機の大型金型の補修に使う。

Audi「Q5」を全面刷新で60kg軽く、11%燃費向上

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 09:00
ドイツAudi社の日本法人は2017年9月20日、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の主力モデル「Q5」を8年ぶりに全面刷新したと発表した。同年10月2日から日本で販売を始める。先代モデルに比べて約60kg軽量化。JC08モード燃費を11%向上させて13.9km/Lとした。価格は657万円(税込み)からで、2018年中に3000台の販売を目指す。高排気量エンジンを搭載して出力を上げた高性能モデル「SQ5」も用意する。

燃料噴射ノズルの微細な穴を2秒以下で開ける

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 08:37
スイスのGF Machining Solutions社は、微細加工に優れるレーザー加工機「Microlution ML5」を開発、欧州工作機械見本市「EMO2017(通称EMOショー)」(2017年9月18~23日、会場はドイツHanover Fairground)に出展した。高精度を要する小物部品を高速に加工できる。例えば、自動車のエンジンの燃料噴射ノズルの穴を従来の1/2以下の時間で開けることができる。

ソニーとオリンパス、合弁第2弾製品はこれだ

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 08:30
「それぞれが単独ではなし得ない価値を、外科領域に提供する。親会社2社の技術を惜しみなく投入した製品だ」(ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ 代表取締役副社長の勝本徹氏)――。

大和ハウスが富士市に物流施設、屋根上にメガソーラー設置

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 06:40
大和ハウス工業は9月20日、静岡県富士市にマルチテナント型物流施設「DPL新富士」が竣工し、10月1日から本格稼働すると発表した。屋根上に出力1.2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置し、東京電力に売電する。

芦屋の117住戸で「太陽光・蓄電池マイクログリッド」構築

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 06:30
パナホーム(大阪府豊中市)およびエナリス、興銀リース、兵庫県の4者は9月20日、パナホームが兵庫県芦屋市で開発するスマートシティ潮芦屋「そらしま」において、D4街区の全117住戸を対象にマイクログリッド(地域分散エネルギー制御システム)の構築に着手すると発表した。

オムロングループ、宮津市と再エネ地産地消で協定を締結

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 06:20
オムロングループ2社は、太陽光など再生可能エネルギーの普及に関して、京都府宮津市と連携していくと発表した。

実質負担ゼロで太陽光、ZEH拡販でLIXILと東電が新会社

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 06:10
LIXILと東京電力エナジーパートナー(東電EP、東京都港区)は9月21日、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の拡販を目的とした合弁会社「LIXIL TEPCOスマートパートナーズ」(東京都江東区)を設立し、太陽光発電システムと電力販売をセットにした新サービスを提供すると発表した。

直流入力1000Vの500kW機パワコン、明電舎が新製品

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 06:00
明電舎は9月21日、太陽光発電システム用パワーコンディショナー(PCS)の定格出力500kW機「SP1000-500」を10月1日から販売開始すると発表した。

何と!面粗さRa0.03(μm)で「磨き」が不要に

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
光学レンズや非球面レンズを製造する金型には、当然のことながら鏡面加工が必要となります。従来、鏡面加工には職人による磨き技術が欠かせないものでしたが、現在においては「磨き工程削減」あるいは「磨きレス」が求められています。金型の耐久性向上のため金型材料の硬度がどんどん増してきて、人手での鏡面加工が事実上困難になってきていることも、「磨きレス」が求められていることの背景にあります。

データセンターの空調制御で威力、ネットワークが自己修復

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
信頼性の高いネットワークを構築するには、センサーネットならではの要求仕様を理解し、構築の勘所を学ぶ必要がある。今回は、データセンターの長期間の運用で重要になる無線環境の変化への対応について解説する。

「エンジン車廃絶なんて起きるはずがない」と高をくくる愚かさ

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
 今回のテクノ大喜利では、エンジン車廃止の潮流から電気・電子業界に生まれる商機について議論した。最初の回答者は、自動車産業の企業を対象にしたコンサルティング経験を持つ微細加工研究所の湯之上 隆氏である。半導体業界に長く身を置く同氏は、永遠に続くと思われた産業が瓦解していく様子を肌で経験してきた。今や日本のものづくりの中心にある自動車産業が今置かれている状況に、最大級の警鐘を鳴らした。

新規事業を始めるときは、過去の実績がものを言う

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
ロケーションVRの施設「VR ZONE SHINJUKU」の責任者で、日本のVR業界で著名なバンダイナムコエンターテインメントの小山順一朗氏のインタビュー。その内容を4回に分け、そのうち2回までお届けしてきた。第3回の今回は、同氏が社内を説得し、VR事業のような新しい事業をどのようにして始めたのか、その経緯を語ってもらう。(聞き手=根津 禎)

ITの積極活用が、バスケを見る人・する人を増やす理由

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
9月29日に2年目のシーズンが開幕するBリーグ。「設計図」を描いた中心人物の1人が葦原一正氏だ。その取り組みの中でも、リーグのデジタルマーケティング戦略を担う企業「B.MARKETING(Bマーケティング)」の設立は、時代が経つにつれ、必ず評価されていくと筆者は信じている。

シリコンバレーの技術者を悩ます教育と言葉の問題

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
シリコンバレーでは起業家の話題が先行しがちだが、起業後の会社で多数を占めるのはサラリーマンとして働く技術者である。専門家としてのキャリアーアップ同様、生活(ライフサイクル)は、人生の一大要素だ。ライフサイクル中の大きなマイルストーンの1つが出産、子育て、その後の住宅購入だ。今回はこれに焦点を合わせよう。

視覚研究の進歩が交通設計や高齢者支援で結実

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
視覚の研究が今日のように発展してきたのはFechner、G.T.(1801~1887)に負うところが大きい。そのため、国際心理物理学学会ではFechner を記念して「Fechnerday」という国際会議を1999年にアリゾナ大学で催した。

自動車安全技術は大きな変革期、EuroNCAP発表

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
最近の自動車はいずれも安全性が向上し、大きな差はなくなってきた。むしろこれからの自動車の安全性は、運転支援システムの進歩や自動運転技術の導入に大きく左右される。自動車安全技術はこれからの10年間で、これまでの100年間よりも大きな変化を経験することになるとEuroNCAPは予測している。

アイデアソンにはない、真の開発を体験

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
さまざまな業種のメンバーが集まり、リアル開発会議の手法を使ってビジネスプランを練り上げる「ビズラボ」。ビズラボのカリキュラムは、受講生同士による自由闊達な議論、講師の多喜義彦氏が新規事業創出に不可欠な考え方や心構えを伝授する講義、そして同氏が受講生の悩みからアイデアを引き出す「公開コンサル」など盛りだくさん。2017年7月14日に修了したビズラボ5期の様子をお伝えする。

5Gで日本を再び元気にする、あらゆる産業、国力の基盤に

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 05:00
 第5世代移動通信システム(5G)を推進する場として、2014年9月末に産学官連携の「第5世代モバイル推進フォーラム」が発足した。会長に就いたのは、黎明期からモバイルの研究を続け、多くの人材を育てたことで知られる京都大学の吉田特任教授。フォーラムの狙い、2020年の情報通信について聞いた。
Syndicate content