Feed aggregator

台風豪雨時の太陽光設備による感電へ注意喚起、福岡県と福岡市

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 12:07
福岡県と福岡市は、このほど台風よる大雨や局所的な豪雨などの災害で浸水・破損した太陽光発電設備にむやみに近づかないよう注意喚起した。

カード端末で「暑い」「寒い」を申告、最寄りの空調を自動制御

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 11:38
アズビル、村田製作所、戸田建設の3社は、「申告型空調システム」の実証実験を始めた。同システムを各社の研究施設(計3か所)に導入し、室内空間の快適性と省エネルギー性を評価する。アズビルは申告型空調システムの開発、村田製作所は無線カード端末(申告カード)の開発と受信機の提供、戸田建設は各種コンサルティングを担う。

三菱ふそう、“世界初”の量産EVトラックを北米で発表

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 11:00
ドイツDaimler社傘下の三菱ふそうトラック・バスは2017年9月15日、「世界初」(同社)となる量産の小型電気自動車(EV)トラック「eCanter」を米国ニューヨーク市で発表した。日本での発表は同年10月初旬を見込む。2017年下期から米国、欧州、日本の市場に投入。今後2年間で500台の販売を目指す。

東芝、脱調防止付きステッピングモーター駆動ICの品揃え拡充

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 10:42
 東芝デバイス&ストレージは、同社独自の脱調防止機能を搭載したステッピングモーター用ドライバーIC(駆動IC)の品揃えを拡充し、電流定格が異なる2製品を追加した。電流定格が4.5Aの「TB67S249FTG」と、2Aの「TB67S279FTG」である。同社従来品「TB67S289FTG」の電流定格は3Aだった。3製品いずれもパッケージ、端子配置、搭載機能が同じため、用途に応じて簡単に置き換えが可能だという。主な用途は、プリンターなどのOA機器、ATM(現金自動預け払い機)などの金融端末、紙幣識別機、アミューズメント機器、白物家電などを挙げている。

旭化成エレ、CO2センサー用赤外LEDと対応AFEを開発

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 10:42
 旭化成エレクトロニクスは、空調システムなどに使われるCO2ガスセンサーに向けた赤外線発光ダイオード(LED)「AK9700AE」と、赤外線LEDドライバーを集積した赤外線センサー用アナログフロントエンド(AFE)IC「AK9721AE」を開発した。同社従来品である赤外線センサー「AK9710」と組み合わせて使用することで、非分散型光学式(NDIR:Non Dispersive Infrared)のCO2ガスセンサーを構成できる。民生機器などに向ける。

シェルが米国で水素ステーションを拡充、トヨタやホンダが支援

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 10:30
オランダRoyal Dutch Shell社は2017年9月13日、米国カリフォルニア州北部に7カ所の水素ステーションを設置すると発表した。トヨタ自動車やホンダの支援を得ながら、燃料電池車(FCV)の普及を後押しする。想定よりも早い速度で電気自動車(EV)の普及が見込まれる中、Shell社は水素充填インフラの整備によって“燃料供給元”としての地位を維持したい考えだ。

MCU周辺回路のエネ効率ベンチマーク、EEMBCが策定

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 08:10
組み込みシステム向けベンチマークの標準化を手掛ける非営利団体EEMBC(Embedded Microprocessor Benchmark Consortium)は、新たなベンチマークとして「EEMBC ULPMark-PeripheralProfile」(以下、ULPMark-PP)を策定した。MCUが内蔵する周辺回路のエネルギー効率を評価するためのベンチマークである。

無線スマートパーキングの構築にみる5つの課題

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
信頼性の高いネットワークを構築するには、センサーネットならではの要求仕様を理解し、構築の勘所を学ぶ必要がある。今回は、米国で普及が進むスマートパーキングシステムを事例に挙げて解説する。

常に時代を先取りしたい、それがBリーグの存在理由

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
9月29日にBリーグ2年目の2017-18シーズンが開幕。リーグの頭脳的な存在がいる。葦原一正氏、リーグの事務局長であり理事の1人だ。2年目の新しい歩みをどのように進めようとしているのか。

新型iPhone、サプライチェーンへの影響を読む

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
米Apple社は2017年9月13日(米国時間12日)、新型のiPhone 3機種などを発表した。従来の液晶ディスプレー搭載機種の後継となるiPhone 8/8 Plus(4.7型/5.5型)、および有機ELディスプレー搭載のiPhone X(5.85型、2436×1125画素、アスペクト比は約19.5:9)である。

中国政府、外資系企業の知的財産権の保護強化へ

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
中国政府が外資系企業の知的財産権を保護する施策を強化すると、2017年9月18日に通達した。通達は、「国家知識産権局」や「商務部」、「公安部」、「税関総署」、「最高人民裁判所」、「最高人民検察院」など13の部署の連名で出された。強化期間は、公開日から2017年末までとなる。

技術論文を「読みたい」と思わせるコツ

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
 A4判で6枚の技術論文を作成し、社内技報として出稿しました。ところが、社内編集部員から、「内容はOKですが、アブストラクト(要旨)として200文字にまとめてください」とのことでした。そこで200文字にまとめて提出したところ、「本文の主要部分が逸脱している。何をやってるんだ!」とすごい剣幕で怒鳴られました。200文字に要約なんて無理です。それとも、主要部分を外さずに、短文にまとめるコツがあるのでしょうか? 教えてください。

VRはリアルなだけでは飽きられる

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
ヘッドマウントディスプレー(HMD)と体感ゲーム機のようなメカ機構を組み合わせた装置で、VR(バーチャルリアリティー)を楽しむ「ロケーションVR」のサービスが本格化している。中でも積極的なのが、バンダイナムコエンターテインメントだ。同社は、ロケーションVRの施設「VR ZONE SHINJUKU」を東京・新宿に開設し、2017年7月から運営を始めた。同施設の責任者である小山順一朗氏に、施設開設の狙いやVR事業の展望などについて話を聞いた。そのインタビューを4回に渡り、お届けする。第1回目の今回は、VRのキラーコンテンツを中心に語ってもらった。

無名のBIツール、旬のスタートアップがこぞって採用する理由

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
 日本では全くの無名だが、シリコンバレーでは米Lyftや米Squareなど旬のスタートアップがこぞって利用しているBI(Business Intelligence)ツールがある。米カリフォルニア州サンタクルーズに拠点を置くスタートアップの米Lookerが手掛ける製品だ。

エンタはITで進化する、eスポーツ配信で日本一目指す

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
 テレビゲームをスポーツ競技のように楽しむeスポーツが急速に盛り上がりを見せている。eスポーツ事業に国内で最も力を入れる企業の1社が、スマートフォン向け広告を手掛けるCyberZだ。なぜ、スマホ広告企業がeスポーツを手掛けるのか。同社の山内隆裕社長に狙いと戦略を聞いた。

ビズ呑み

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
いつかコラムで「三上」について書いた。三上とは「馬上(ばじょう)」「枕上(ちんじょう)」「厠上(しじょう)」から成る、アイデアが湧き出るときの原理・原則である。馬上とは馬にまたがりユラユラとしているとき(現代ならドライブか)、枕上とは枕の上でウトウトしているとき、そして厠上(厠はかわや、トイレのこと)とは厠(かわや)つまりトイレに入っているときである。いずれも、心身ともにリラックスしている状態にあることが多い。

基板裏側に5個の操作ボタン、Bose ワイヤレススピーカー

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
Bose SoundLink Mini IIのメイン基板のサイズは約10cm×約5cm。伊仏合弁STMicroelecronics社のプロセッサー「STM32F030C6」、米Qualcomm社が買収した英CSRの電源管理機能を備えたBluetoothチップ「CSR8670」、プログラムを格納していると思われる台湾Macronix社のNOR型フラッシュメモリー「MX25U3235F」などを搭載する。裏側には5個の操作ボタンがある。

ダントツ半導体メーカー、その存在は善か悪か

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
 ビッグデータを扱う情報システムの利用が広がり、半導体需要は今後も堅調に伸び続けていくことが確実である。そうした中、半導体チップの主要品種それぞれに、市場と技術開発に大きな存在感を示すダントツ企業がいることは、半導体ユーザーのビジネスに、どのような影響を及ぼすことになるのだろうか。今回のテクノ大喜利では、特定の分野で圧倒的な力を持つ半導体メーカーが存在することの功罪を論じた。

5G、AI、自動運転、高度医療で求められる高速化とノイズ対策

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
5Gの開発、AIの進化、自動運転の開発、医療の高度化のために、伝送システムのさらなる高速化が求められている。そこで課題になるのがノイズ対策だ。日経BP社は「高速インターフェースのコンプライアンス試験、EMC規格をクリアするための勘所」と題したセミナーを、技術者塾として2017年11月9日に開催する。

「FIT20円台でもさらに200MW開発へ」、エクセリオ・ジャパン安岡社長

Nikkei - Thu, 09/21/2017 - 05:00
スペイン系の国際的な太陽光開発・運営会社、エクセリオ(X-Elio)は、日本で約400MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の開発を目指している。固定価格買取制度(FIT)の買取価格が下がっていく局面でも、積極的に新規開発に取り組んでおり、入札にも参加する。日本法人のエクセリオ・ジャパン(X-Elio Japan、東京都中央区)を率いる安岡克己社長に今後の開発戦略などに関して聞いた。
Syndicate content