Feed aggregator

NEC、ヒアラブル向けに音響ARを開発

Nikkei - 1 hour 39 min ago
 NECは、無線イヤホンを活用する「音響AR」技術を開発したと発表した。(1)3次元的な音の方向や距離感を仮想的に再現する「立体音響」と、(2)顔の向きなどによらず音源を任意の位置に固定する「音響定位」を、無線イヤホンで実現する。施設内で特定のモノが個人に話しかけるといった誘導が可能になるとする。

ストラタシスの3Dプリント樹脂型技術、南信工科短大が採用

Nikkei - 1 hour 52 min ago
長野県南信工科短期大学校が、3Dプリントした樹脂型を型として活用する技術「デジタルモールド」を教育課程に採用する(図1、2)。ストラタシス・ジャパン(本社東京)が発表した。同技術が教育過程に導入されるのは、世界で初めてという。

安川電機、中空シャフトのサーボモーター

Nikkei - 2 hours 30 min ago
安川電機は、交流(AC)サーボドライブ「Σ-7」シリーズに、シャフトが中空構造で装置の省スペース化が可能なサーボモーター「SGM7Tモデル」を追加した。ロボットやスピンコーター、巻線機、搬送装置などへの搭載に向く。

Vitec, JRE Complete 22MW Solar Plant in Aomori

NIKKEI (EN) - 2 hours 49 min ago
Rokunohe Solar Park LLC completed the construction of a 22.09MW solar power plant in Rokunohe-machi, Aomori Prefecture, Japan, and started to sell electricity Aug 1, 2017.

DIC to Set Up 1.6MW Solar Plant at Its Factory in Ibaraki

NIKKEI (EN) - 2 hours 51 min ago
DIC Corp announced July 31, 2017, that it will set up a 1.6MW solar power plant on the premises of its Kashima Factory in Kamisu City, Ibaraki Prefecture, Japan.

完全EV化は社会・産業の大転換、マクロ視点で商機を探せ

Nikkei - 7 hours 39 min ago
 「エンジン車廃止の潮流に商機を探る」をテーマに議論している今回のテクノ大喜利。2番目の回答者は、アーサー・D・リトルの三ツ谷翔太氏である。同氏は、自動車産業そのものの変化にとどまらないエンジン車廃止のインパクトの広がりを考慮し、そこでの商機を考えるための視点を提示する。

データは誰のもの?セキュリティーの3原則に従う

Nikkei - 7 hours 39 min ago
信頼性の高いネットワークを構築するには、センサーネットならではの要求仕様を理解し、構築の勘所を学ぶ必要がある。今回は、安全な無線センサーネットワークの構築で不可欠なセキュリティーの3原則について解説する。

10年周期の景気循環、シリコンバレー技術者はこう備える

Nikkei - 7 hours 39 min ago
 米国で家族のため収入を安定させ、また、専門家としてキャリアーを築いていく上で、避けて通れない点が、失業問題である。失業してしまう理由としては、所属企業が競争に負けて淘汰されてしまうことが挙げられるが、景気循環の波にのまれることも大きなファクターである。

炭素繊維強化プラスチックはさらに成長、国際競争力の強化を

Nikkei - 7 hours 39 min ago
近年、繊維強化プラスチックを用いる対象は拡大し、特に、航空機、自動車への適用のための繊維強化プラスチックの技術開発が活発に行われてきており、日米欧において特許出願が急増している。 国際競争力をさらに高めるためには、容易にまねのできないハイパフォーマンスな材料開発が重要となる。

VRで人は呼べる、スポーツやレジャーの代替も視野

Nikkei - 7 hours 39 min ago
これまで3回に渡って紹介したバンダイナムコエンターテインメントの小山順一朗氏のインタビュー。今回で最終回を迎える。ロケーションVRの施設「VR ZONE SHINJUKU」の責任者として、同施設の運営方法や料金設定などリピーターを生むための「秘訣」を語ってもらった。(聞き手=根津 禎)

ドライバー監視など4つが重要に、EuroNCAPが指摘

Nikkei - 7 hours 39 min ago
EuroNCAPがこれまでに取り組んできた安全性評価は、前方衝突や側面衝突時の車室空間維持と人命保護が中心だった。これからはそれが大きく変わる。EuroNCAPは、次にあげる四つの項目がこれからの主要安全技術になると見ている。

5Gはユーザーの望む機能を提供、真っ先に取り組みたい遅延問題

Nikkei - 7 hours 39 min ago
 2020年の商用開始に向け、国内における技術開発やトライアルの取り組みが活発になってきた5G(第5世代移動通信システム)。IoT(Internet of Things)など、4Gまでとは異なる要求にどのような技術で応えていくのか。日本の5G推進をけん引する第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)で技術委員長を務める大阪大学の三瓶教授に聞いた。

120型超の壁紙型テレビを目指す、塗布型有機ELの開発

Nikkei - 7 hours 39 min ago
「第78回 応用物理学会 秋季学術講演会」(2017年9月5~8日、福岡)で開催されたシンポジウム「新物質/量子構造に基づく発光デバイス研究の最前線と展望」からの報告の第2回。今回は、「有機ELの最前線」と題した、山形大学 有機材料システムフロンティアセンター教授の城戸淳二氏の講演を取り上げる。同氏は、有機EL研究開発および実用化への取り組みについて報告した。

TADF有機ELからレーザーへ、有機発光分子の新展開

Nikkei - 7 hours 39 min ago
「第78回 応用物理学会 秋季学術講演会」(2017年9月5~8日、福岡)では、「新物質/量子構造に基づく発光デバイス研究の最前線と展望」と題したシンポジウムが開催された。このシンポジウムから、「有機発光分子の新展開―TADF・レーザー・長寿命発光―」と題した九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)教授の安達千波矢氏の講演を取り上げる。

中国NEV法、今週末に公布も実質的に1年延期へ

Nikkei - 7 hours 39 min ago
中国NEV法(ニュー・エネルギー・ヴィークル規制法)を1年間延期されることが濃厚になってきた。「経済観察報」や「第一電動」、「GASGOO」など多数の中国媒体は「中国NEV法が早くも今週末(9月29日)までに公布するが、クレジットの実施は1年延期するのでは」という観測を報道された。

《日経Robo》学習の本命「半教師あり学習」、少ない教師データで高い精度

Nikkei - 7 hours 39 min ago
機械学習において教師あり学習は、一般画像認識や音声認識などで目覚ましい成果を上げている。一方で世の中のほとんどの問題では教師データはほとんど存在せず、教師なしデータが大量に存在する。このような、大量の教師なしデータと少量の教師ありデータが与えられた場合に学習する問題を「半教師あり学習」と呼ぶ。

熱設計手法を身に付け、熱暴走や事故を防ぐ

Nikkei - 7 hours 39 min ago
熱で製品が動かなくなったり、低温やけどを招いたり、深刻な影響を与えるようになってきました。製品開発競争が激化し、発熱密度の限界で開発が行われるようになっているからです。そこで日経BP社は「50の熱対策事例に学ぶ実践的熱設計」と題したセミナーを、技術者塾として2017年11月17日に開催する。本講座で講師を務める国峯尚樹氏(サーマルデザインラボ 代表取締役)に、熱設計を身に付ける上での勘所などについて聞いた。

並ばずに買えたiPhone 8 Plus、箱のマークは変わっていたが…

Nikkei - 7 hours 39 min ago
9月23日朝、筆者は普段ならほとんど縁が無い銀座にいた。目的地は「Apple 銀座」。予約した「iPhone 8 Plus」と「Apple Watch Series 3」を入手するためだ。

富山・高岡の鶏舎跡メガソーラー、鶏卵大手が太陽光に熱を入れるワケ

Nikkei - 7 hours 39 min ago
能登半島の付け根近くの山あい、富山県高岡市西田に、出力約2.5MWのメガソーラー「西田発電所」がある。元は、養鶏場だった場所で、鶏卵を手がけるイセ食品(埼玉県鴻巣市)グループが開発・運営している。

15μHと大インダクタンスながら1005サイズ、村田製作所

Nikkei - Mon, 09/25/2017 - 21:37
村田製作所は、チップ形インダクターの新製品として「LQW15DN150M00」を発表した。インダクタンスは15μH。大きさは1005サイズ(1.0mm×0.5mm)である。
Syndicate content